Contents

コストが良い

男性の手

低コストで経営ができるということで賃貸併用住宅が人気を集めています。住宅取得に必要な費用が抑えられるので、賢い資産の運用方法であると言えるでしょう。将来性を考えて行動する事は大切な事です。

Read More

不動産投資での利用

マンション

近年では、多くの方がアパートを所持しています。そのほとんどが投資物件となっていて、資産運用を行なっている方がいます。ここでは、アパート経営に関するサービスを紹介していきます。

Read More

場所で変わる相場

マンション

建て替えをすることとリフォームする事は相反することであり、お互いの客層が被らないようにする必要があります。リフォームにするなら施工する場所で値段が変わるので、相場をチェックしてから行動しましょう。

Read More

笑顔の男性と住宅

サラリーマンで大家

安定した収入を得るために賃貸経営をお考えなら、コチラに役立つ情報が満載なので、ぜひご覧ください。重要なポイントも分かります。

サラリーマンが資産運用できる余暇をもてる時代へ

サラリーマンをしていて年収を上げるためには副業をするか資産運用を行っていく必要があり、特に不況の世の中においては残業も時間外労働も多いサラリーマンにはとても難しい状況が続いてきていました。しかし、週休二日制の導入等によって週末に余暇が生まれたり、残業も極力減らす方向に世の中が動き出したことにより余暇のわずかな時間を利用できるようになってきています。 資産運用の形として賃貸経営を行うという方法があり、老後の住居にもできることからサラリーマンとして大家となるという選択肢が注目されています。最近では一部屋からできるマンションの賃貸経営も可能となっていたり、サブリースを利用して管理業務を委託して賃貸経営ができるようになったりしたことにより、大家となる人が増えつつあります。

忙しくても大家が行いやすいサービスが広まる

賃貸経営は大きな資産と、管理に費やす十分な余暇がないとできないということが一般的に考えられていたものの、それを覆すサービスが登場したことにより大家となることを希望する人が増えています。少額投資で始める賃貸経営は利益も少ないものの、その分労力もかからないのでサラリーマンにとっては大きなメリットであり、認知度が高まるにつれて運用を行う人が増えると予想されます。 一方、ある程度まとまった資産がある場合にはマンション経営等を行い、管理会社に借り上げてもらって経営することで労力のほとんどかからない経営ができるようになっています。その管理業務の委託の幅も選べるようになってきており、自分が担える範囲でうまく賃貸経営を行うサラリーマン大家が増えていくことでしょう。